子育てしやすい住環境には
行政の子育て支援も重要です。
区により補助金があったりその形も様々、
お引越しする際は、行政の支援内容を考慮して場所を決めるのがベストです。
今回は東京ファンライフ不動産の本拠地の
墨田区の子育て支援新制度を少しご紹介致します。
  

どこの区もママのお悩みの「保育園」
私も1年間待機してやっと保育園に子どもを入園させることが出来ました。
ママが子育ても仕事も両立させる為にはわ
「保育園」が必要不可欠ですね。
新制度では、
幼児期の学校教育、保育の総合的な提供や
待機児童の解消、幼児教育、保育及び
地域子育て支援の量的拡充や質的向上を目指しています。
  

中でも認定こども園の普及促進は
就労状況に関わらず利用が出来るので、
これからお仕事をしたいママにも
心強い施設になりますね。
しかも教育も保育もしてもらえるので
子どもにもプラスになりますね。
  

また全ての子育て家庭に支援を行う
子育て支援が手厚くなります。
子育てはひとりで抱えるものでは
ありません。
地域の支援の手助けをもらいながら
地域ぐるみで子どもを育てていく、
そんな体制が墨田区には整っています。
  

その歳、その歳で様々な問題に直面する
子育て私も今息子が4歳ですが、
悩むことばかりです。
悩みながらぶつかりながら乗り越え成長を見届けるそれが育児なのかもしれませんね。
また別の記事にて助成金などのお話も致しますね。

新制度の詳細は
墨田区子ども子育て支援新制度

パンフレットでご確認下さいね。

東京ファンライフ不動産

代表 今西千登瀬