最近のお悩みは4歳の息子が使った

おもちゃを片付けてくれないことです、、、。

  
使ったら使いっぱなし、、、

片付けてと理由を言ってお願いしても

片付けててくれません(涙)

息子がお片付けをしないことで、

落ちていたカードで松葉杖が滑って転んでしまいました、、、。

  
足を付いてはいけないのに、

足を付いてしまい激痛が、、、。

縫合した屈筋腱が切れていませんように。

息子がおもちゃを片付けてくれないのは

本当に悩みです。

  
ちなみに私が転んだ原因はこのカード、、、。

ついつい「なんでできないの」と責めてしまいますが、

それでは逆効果だそうです。

「どうしたらできるようになるか」を考えて片付けのしくみを作るのが重要だそうです。

自分の使いたいおもちゃがどこにあるかわからないので、全ての箱をひっくり返してお部屋をグチャグチャに

してしまいます。

  
子供がどのような収納方法にしたら

片付けやすいか聞きながら進めて行くのがベストです。

おもちゃを片付ける場所をシールを貼ったり、透明な容器に入れ

戻す場所を誰が見てもわかりやすいようにします。

  

細かく分類しすぎずざっくりとした

種類分けで収納するのがベスト。

出し入れしやすいように収納量は

8割程度で中に何が、入っているかわかるように。

ブロックなどの細々したものは

ジップロックなど中身が見えるもので

小分けに収納すると子供も使いやすいです。

どんどん増えるおもちゃは一つ買ったら

一つ古い物を捨てるというルール決めを。

おもちゃを買う時に捨ててまで買うものか?冷静に考えることができます。

  
そして片付ける時は母親も手伝うことが

重要だそうです。

できたら褒めることも忘れずにですね。

子供とお片づけは永遠のテーマ。

片付けやすい収納計画で子供のお片づけ力を養ってあげたいですね。

私も怪我が治ったらおもちゃスペースの整理をしたいと思います。

東京ファンライフ不動産

代表 今西 千登瀬