昨日の朝日新聞の記事に
タワーマンション節税について掲載されていました。
  

タワーマンション節税は
贈与税や相続税を計算する際、
評価額が時価を大きく下回ることを
利用した節税対策です。
不動産の評価額は価格が変動しやすいことなどを踏まえた措置で
建物に関しては評価額は時価の4〜6割
土地は評価額が時価の8割
と、実際の評価額より少なくなります。
  

そして不動産の中でもタワーマンションが
なぜ節税なのかと言うと、
マンションの底地を数百もの戸数で
分け合うので、
一戸ごとの持分はごくわずかに。
もちろん土地の評価額が小さくなります。
人気の高層階ほど時価と評価額の差は
大きくなります。
さらに賃貸に回すと評価額を更に下げることが出来ます。
こういった税制の裏技を使い贈与税を
ゼロにする方法があります。
別記事にて具体的な数字でご説明致します。
  

利回りの良い投資用タワーマンションもお探し致します。
東京ファンライフ不動産
代表 今西 千登瀬