前記事でご紹介した
「タワーマンション節税」
今回は具体的な数字で節税の仕組みを
ご紹介致します。
  

6億円の財産があり、この6億円を子供に

贈与させたいとします。
現金でこの6億円を贈与させようとすると、
贈与税が3億円以上かかります。
金額が大きくなればなる程
税金は高くなります、、、。
贈与税をかけずに贈与させるには、
6億円を元手に株式会社を設立します。
  

設立した会社で銀行から4億円を借りて
10億円で都心部の人気の超高層タワーマンションを5戸購入します。
このケースで時価10億円の物件は
贈与財産の評価額としては2億円まで
圧縮されます。
物件購入の為に4億円借り入れしているので、
評価額2億円より借り入れ4億円の方が
多くなります。
その会社の株式会社を贈与すると
贈与財産としての評価額は0になります。
つまり贈与税がかからなくなります。
借り入れするのがポイントになりますね。
  

その後物件は賃貸に出して賃貸収入を得るのもよし、
売却して時価10億で売れると、
銀行に借り入れ金を返しても手元に
6億円近い現金が残る資産になります。
  

不動産は物件価格が下がるリスクもありますが、
贈与税がかからないのは大きいですね。
節税のことしっかり調べてお得に暮らしたいですね。
また節税の情報勉強しましたらご紹介致しますね。
東京ファンライフ不動産
代表 今西千登瀬