子育て住空間コンサルタントが教える!子育てしやすい家のポイント5つ

可愛いわが子。でも可愛いだけじゃないのが子育て。イライラしてしまうこともしばしばありますよね。つい怒ってしまった後に自己嫌悪に陥ってしまうママも多いのではありませんか?
住環境を整えることによって、そんな大変な子育てを少しでも楽にすることができるんです。子育てに家事に毎日頑張るママ。子育てしやすいという観点から住まい選びをしてみませんか?
ママが子育てしやすいお家選びのポイントを5つご紹介します。

ママが子育てしやすいお家選びのポイント①地域の「子育て支援」や「子育て施設」などの周辺環境

間取りの前に重要なのが周辺環境。引っ越しを考えたらまずチェックしてほしいのが行政の子育て支援の充実度。働くママなら待機児童の状況や保育園数などもチェックしておきたいところです。もちろん治安の良さも確認してくださいね。

1人行動が多くなる小学生になった時に安心して歩かせられる街か?小学校も近くにあったほうが安心ですね。

小さな子供は急な発熱が多いので、もしもの時のために夜間救急の病院が近くにあるのが理想です。

日用品や食品の買いものは毎日のことなので、近い場所にお店があるほうが便利。公園などの子育て施設が充実していることも重要なポイントです。

ママが子育てしやすいお家選びのポイント②玄関スペースの広さを見落とさないで!!

小さな赤ちゃんのうちはベビーカーに乗せたり、歩き始めたら靴を履かせたりするのでスペースが広い方が便利なのが玄関。ベビーカーを置くスペースが配慮されていると、靴の着脱もスムーズです。

狭い玄関にベビーカーが占領していると出入りにも支障があります。
ベストなのは玄関横に広いシューズクロークが備わっていること。ベビーカーを置いたり、お部屋には入れたくない遊具、公園道具を入れたりと重宝します。

成長とともに遊び道具が増えていくので、それらをしまうことができる十分な収納があるのが理想です。また、子供がどろんこになって外から帰ってくる時もありますが、玄関からお風呂場が近いとお部屋を汚さずに行くことができます。

ママが子育てしやすいお家選びのポイント③対面型キッチンはマスト

料理や食器の後片付けをしてママが過ごす時間が長い場所といえばキッチン。
子供の様子を見ながら家事ができる対面型のキッチンはマストです。子供もママの顔が見えると安心して遊んでくれるので、効率よく家事を行うことができます。食べた後の食器のお片づけも楽で子供たちも食べた食器を片づける習慣もつきやすいですよ。

また、子供と一緒にお料理をするときもオープンキッチンなので便利。
ママ友を呼んでホームパーティーをする時もお友達とコミュニケーションを取りながらパーティー準備ができます。

まだ子供が小さい時期はキッチンの入り口にゲートが付けられるようになっているかどうかもチェックしてくださいね。

ママが子育てしやすいお家選びのポイント④リビング横の畳スペースは使えます!

最近はなかなか少なくなってきた”和室”。実は子育て世代には畳があるとすごく便利です。特に赤ちゃんや子供のお昼寝スペースや遊び場として使います。クッション性があって滑りにくいのでよちよち歩きの赤ちゃんにも安心。

キッチンから見える位置に和室があるのがべストです。
子供が小さな頃は一緒に眠ることが多いと思いますが、広めの和室があればお布団を敷いて一緒に寝ることもできます。
そのためにはお布団や子供の物を仕舞える押し入れや収納スペースがあることが重要です。

思い切って畳スペースを子供のスペースと決めておもちゃを収納するスペースを用意しておくとお片づけも楽ちんです。
小上がりの和室は転落の危険もあるので、なるべくなら段差のない畳スペースが理想ですね。

ママが子育てしやすいお家選びのポイント⑤リビングは家族が集まる=物が集まるので収納が上手にできる間取りがおすすめ

家族が集まるリビングは物も集まりがちです。子供が自分の部屋から持ち出したものがリビングのあちらこちらに…。

子供が小さいうちは子供の仕度もママがするので、リビングに子供用品を収納するスペースがあるのが理想。朝の用意の時間短縮にもなります。
小学生になるとランドセルを置きっぱなしにすることもあるかもしれません。リビングに子供の「置きっぱなし」の定位置を作ることで、子供が片づけをしないイライラからママも解放されます。

物が集まる場所だからこそ、それを前提に、リビングに収納が多い間取りがおすすめです。

いかがでしたか?!住空間を整えることで、大変な家事や育児を少し楽にできるといわれる代表的なポイントを5つ紹介しました。お家探しや部屋の模様替えの時、参考にしてみてくださいね。子育て世代の住まい探しは子育て中の子育て住空間コンサルタントの今西千登瀬にお任せ下さいね♡

子育て住空間コンサルタントが教える「子育てにやさしい家チェックポイン間取り編【玄関】」

子育て住空間コンサルタント今西千登瀬です。ママにも子どもにも優しい家とは?!私の育児経験を元に住まいから女性のライフスタイルをサポート♡
子育てにやさしい家チェックポイント、今回は【間取り編】です。特に乳幼児のいるご家庭はお家にいる時間も長いですよね。
好奇心旺盛の赤ちゃんは家にあるものすべてが魅力的なものに見えていろいろ触ってみたくなります。そんな子どもの好奇心を存分に発揮させてあげられる安全な住空間を。安心して家事や育児が出来る住空間のチェックポイントを御紹介致します。場所ごとに私の経験も踏まえながら住みやすいポイントをまとめました。今回はお家のお顔【玄関】のチェックポイントを御紹介致します。

玄関スペースはベビーカーの乗り降りも考慮して

まずはあなたの生活を思い出してみて下さい。
玄関で行うこと靴の脱ぎ履きはもちろんのこと、小さなお子様がいる家族にマストなベビーカーに子供を乗せたりなど、なるべくなら広いスペースが欲しい玄関。特に重要なのがベービーカーの定位置を確保できるか?靴の脱ぎ履きに支障をきたさない位置に置けるスペースがあるか。玄関スペースにベビーカーが置きっぱなしになっていると玄関が雑然としたイメージに。折りたたんでしまえるスペースがあると玄関をひろびろと使うことが出来ます。

子どもの大好きなお砂場道具の収納も

また小さな子供が大好きな遊びと言えば「お砂場遊び」です。
そんなお砂場遊び道具はなるべくならお部屋には入れたくないもの。玄関スペースにお砂場道具を置くスペースがあるとお部屋も汚れず安心ですね。また玄関から近い場所に浴室があると廊下やお部屋をさほど汚さずに体を洗うことが出来ます。

玄関スペースにファミリークロークがあると便利♡

遊び道具と言えば成長するにつれて三輪車などの遊具を置くスペースも必要になってきます。玄関横にファミリークロークを設置するとパパのゴルフバックやキャリー付の旅行鞄などを置いたりもできるのでとても便利です。またレインコートや傘も置くスペースも確保でき便利です。歩くようになれば靴をはかせてあげたりとスペースが必要になってくるので玄関ポーチにはなるべく物を置かないようにしっかり収納力のある間取りを選びたいものですね。

玄関前の段差にもご注意を

建売住宅などで多い3段程度の階段を上った先に玄関があるお家。家に入る前に階段があることでかなりのストレスが、、、。子どもを抱っこしながらベビーカーを持ち上げて、、、そんな面倒なことにならないように玄関前の段差のチェックも。1段程度でしたら乗り越えられますがそれ以上だとお家に入るのにかなりのストレスが、、、。なるべくなら玄関前が広くあまり段差がないお家を選びたいですね。

玄関引戸が子育て世帯にとってストレスフリー

広い玄関スペースが確保できて家の出入りにストレスフリーな玄関引戸。開き幅が無く風に煽られて閉まる危険性も少ない引戸はお子様の出入りにも安心です。和風なイメージが強い玄関引戸ですが木目調やシンプルモダンなど様々な住宅デザインに合わせやすいデザインバリエーションがあります。2世帯住宅など家族全員がストレスフリーに家の出入りが出来ます。

子育てしやすい住まい探しは東京ファンライフ不動産へ。

いかがでしたか?!子育てしやすい物件は、是非子育て住空間コンサルタントが代表の東京ファンライフ不動産で御一緒に探しませんか?!
お気軽にメールにてお問い合わせくださいませ♡ご相談可能エリアは東京23区内を中心とした首都圏です。

【墨田区子育て助成金】子育て世代は賢く助成金を使ってマイホームを計画しよう♡

結婚して子どもが生まれると多くの人が考えるマイホーム購入。
子育て世代にはいろんな優遇があるのはご存知ですか?!
せっかくマイホームを計画するなら賢くお得に計画したいもの。
各自治体で助成金があったり住宅ローンも子育て支援のプランがあります。
この記事では子育て世代がお得にマイホーム購入できる情報をご紹介します。

スポンサードリンク


お得な金利でマイホームがよりお得に?!「フラット35 子育て支援型」


ずっと固定金利で月々の支払が一定でマネープランも立てやすい「フラット35」に子育て支援に積極的な地方公共団体のマイホーム取得者に対する財政的支援とセットで借入金利を5年間、年0.25%引き下げることが出来る制度です。東京都内でフラット35子育て支援型が利用できる市区町村は墨田区・台東区・福生市・奥多摩町です。金利を5年間引き下げてくれるのは大きいですよね。
フラット35子育て支援と合わせて利用できる墨田区の助成金制度をご紹介します。

詳しい情報は公式サイトにて
フラット35子育て支援型

最大50万円!!墨田区の住宅購入サポート助成金

中学生までの子どもがいる世帯で新たに親世帯と同居又は近居(親世帯の住宅から1km以内)することを目的に住宅を取得する際に受けることが出来る助成金です。親世帯が申請時点で3年以上区内に住所を所有し居住していることが要件の1つになっています。対象となる住宅には専用面積の指定もあり、国が規定する世帯人数に応じた最低居住面積水準以上の面積の住宅です。気になる助成金の金額は新築住宅購入に50万円、中古住宅購入に30万円です。頭金の足しにもなるのでうれしい助成制度ですね。予算上限に達した場合申請は受付られないのでお早めに。

詳しい情報は墨田区公式サイトにて
住宅購入助成

東京23区内の子育て世帯の住まい探しは東京ファンライフ不動産へ

私今西千登瀬は8歳の男の子のママ。自身の子育て経験を元に子育て住空間コンサルタントとしてあなたに最適な住空間のご提案を致します。
お気軽にメール若しくはLINE@にてお問合せ下さいね。

 

 

子育て住空間コンサルタントが教える「子育てに優しい家チェックポイント【周辺環境編】」

子育て住空間コンサルタントの今西です。
私自身も8歳の子供がおり子育て真っ只中
の母親です。
楽しい反面大変なことも多い育児。
イライラすることもたくさんw
そんなママのストレスは住環境から取り除いて不要なイライラを減らしたいものです。
そんな育児の経験から
子育てに優しい家のチェックポイントを
まとめてみました。
せっかく家選びをするなら住みやすさは
もちろんのこと大変な育児を少しでも軽減できる住環境で子育てしたいですよね。
今回は【周辺環境編】をご紹介致します。

CHECK POINT①家の目の前に大通りや車通りの多い道がないか?

子供は急に走り出したり、飛び出したり
大人の予期しないことをするもの、
家を出て急に駆け出しても安全な配慮が
されているか確認しましょう。

CHECK POINT②病院や公園、保育園など子育て施設が近くにあるか⁈

特に気になるPOINTが、小さい時期は発熱しやすい子ども、夜中や休日の急な発熱に対応してくれる病院があると緊急の時に安心です。
公園は子供が大好きな場所、毎日行きたがるのでw家の近くにあると移動の負担も少なく便利です。
働くママに重要なのは「保育園」家からアクセスが良く保育園から駅までがスムーズな場所だと送り迎えに負担がかかりません。

CHECK POINT③近所にスーパーなどの生活用品を買うお店があるか⁈

頻度の高い食品や生活用品のお買い物。
子供を連れてのお買い物は本当に大変です
人が多いスーパーはレジ待ちで子供が待てなかったりどこかへ行ってしまったり、、、私も何度声を荒げたことかw
近所にそれなりに品揃えがありあまりレジを待たない中規模なスーパーがあると助かります。

CHECK POINT④行政の子育て支援制度が充実しているか?

 

自治体によってまちまちの子育て支援制度。せっかく住むなら手厚い保護のある地域に住みたいですよね。

特に乳幼児の時は予防接種が多く
任意で受ける予防接種の助成額が自治体に
よって全然違いました。
事前に調べることがとても重要です。

CHECK POINT⑤働くママにはとっても重要‼︎その地域の待機児童や保育園の数を確認。

 

お仕事をするママにとって重要な「保育園」問題。地域によっては正社員ママでも保育園が決まらず泣く泣く退社してしまうケースも⁈

私は仕事を辞めてからの出産だったので
新しく仕事を始めたいということで
保育園を志望しましたが、点数が低く
一年待機しました、、、。
目標や夢のあるママ達が「保育園に入れない」という最大の難関をどう解消するかが課題ですね。
待機児童対策がしっかりされている地域に住みたいものです。

CHECK POINT⑥最寄りの駅にエレベーターが設置されているか?

乳幼児の移動はベビーカーが付き物。
まだまだエレベーターが設置されていない駅も多く電車移動にとても苦労しました。良く使う最寄り駅にはエレベーターがあるとお出かけしやすいですよね。

 

また家から駅や生活動線がベビーカーが通行しやすい道か確認しておくと余計なストレスも軽減されます。

ママの笑顔は家族の笑顔。

お家の中心は家事を切り盛りする「ママ」の笑顔が重要。

子育てには大なり小なりイライラが
つきもの。
少しでもママの不要なストレスを軽減し
住環境からママの笑顔をサポート出来たら幸いです。
23区内で子育て世代の住宅選びは
是非東京ファンライフ不動産へご相談下さい。
ママの目線で最適な住環境をご提案致します。
次回は子育てに優しい家チェックポイントの住空間編をお届け致します。
子育て住空間コンサルタント
東京ファンライフ不動産 代表
今西 千登瀬

【はじめまして】子育て住空間コンサルタントとは。

初めての育児って大変!!

初めまして。今西千登瀬です。
2011年に長男を出産し、初めての育児に何度も
心が折れそうになったことも、、、。
新米ママは初めてのことだらけで、泣いてしまうこともしばしば(笑)
家事に育児に子どもへの目を、離すことも少なからずあり、、、。
むしろ目を離さないと家事も進まないジレンマ。
子どもって好奇心に目をキラキラさせれいるから
大人が予測もしないようなことをやったり、、、。
そんな自身の子育て経験より、子どもにもママにも優しい住空間が
重要と思うようになりました。

子どもの成長を理解し住空間に危険が無いよう整えるのが重要。


そこに山が、あるから登る。
子どもの発想はいたってシンプル。
特に男の子は大人からみて「なぜやる?!」と、疑問に思うことばかり(笑)
安全に自由に住まい空間で遊べるように、
住空間をしっかり整備することが
重要と感じ活動を始めました。

まさかっ!!ということが普通に起こってしまうからこそ
多少は、放っておいても安全な住空間が重要です。
私自身もヒヤリとしたことは、しばしば(笑)

そんな自身の子育ての失敗を踏まえながら、子どもにもママにも優しい
住空間の提案が出来ればと日々研鑽しております。

ママと子どもに優しい住空間の追求

女性不動産エージェントとして宅地建物取引士、インテリアコーディネーターも取得し、よりプロ目線からママも子どもも
そして女性のライフスタイルを住空間からサポートしたい♡
そんな思いの元、日々お仕事をしております。

またママだからってあきらめないを、人生のテーマに掲げ
やりたいことに正直に様々なことのチャレンジしています。
ママが私らしく子育てをしながら、うしろめたさを感じず
働く仕組みも考えていきたいと思っています。

こちらのサイトでは、メディア掲載実績から
子育てと女性に特化した住空間やライフスタイル情報を
お届けしてまいります。