爆発的広がり!!クラブハウスって何?!ビジネスにはつながるの?!

SNS先進国US発の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」

1月の末から急にfacebookでも話題になり始めたアメリカ発の音声SNS「Clubhouse」。
2020年4月にローンチされ、セレブたちもこぞって楽しんでいる音声チャットアプリ
そんなアメリカで話題のアプリを、日本でも楽しむ人が急増しています。
日本でも著名人か続々と利用を開始して話題になっています。
日本で本格的に運用され始めたのは、2021年1月23日から。
感度の高い方々がSNS上で招待を、呼びかけていたことからコチラのアプリ知りました♡
2021年2月2日現在iOS対応端末のみで利用が出来ます。
同月現在の利用者数は、60万人広がりをみせています。

人に会うのがタブーなコロナ渦だからこそ声でつながる喜びを

私もご縁を頂き、つい最近Clubhouseを使い始めてみました♡

始めて数日なのでまだまだ初心者ですが、写真とテキストがSNSでは主流だったけど
本当に伝えたいことが、伝わっているかはわからないし、、、、

そもそもテキストすら、読んでないなってコメントが来たりw
でも、音声ならしっかり耳に入ってくるし、テキストでは誤解を生んでしまうことがあるけど、、、
自分の声なら、声のトーンで誤解を生むことも少なくなるかも。

ライブ配信も経験があるけど映像だと、身なりも気にしなきゃだし(笑)
なにより音声だと自分の顔を見ながら配信しなくていいから(笑)気分的にも楽ですwと、いう私は身なりも気にせずに、
すっぴん眼鏡で配信していましたが、、、
そして声からその人となりを知ることによって、SNSでのつながりで大切な親近感もわきやすい?!
テキストのSNSだと、コメントのやり取りで信頼感を得ていくけど何気に手間もかかるし、、、
何よりリアルタイムで交流したり、意見交換が出来るのはうれしいですよね。
特にSNSを通じてビジネスや信頼を得たい方にもピッタリなツールかもしれませんね。
そして何より実名登録がガイドラインで定められていて、その辺も安心の要素に?!

SNSは若い人のものだからちょっと、、、

そんなご心配をお持ちのあなたも心配なし!!
コチラのアプリを開発したのは、現在40歳の元グーグル社員のポールさんと、ローハンさんが開発。
ティーンが主流のTikTOkなどと比べると、比較的アメリカでも大人の層が利用しているとか。
スタートアップの起業家が活用したり、資本提携の話をもらったりとつながりからビジネスが加速するケースも。
世界中の人が気軽に話し合える場所を提供する」が、コンセプトのClubehouse。
つながることで増える視点も多いので、これからの展望が面白そうなアプリです♡

Clubhouseは、どうやって楽しむ?!

Clubhouseを楽しむには、自分の興味を持っている”room”に入ることから。
ラジオを聞く感覚で、情報収集に使うもよし。
モデレーターとして、何か議題を問いかけるも良し。
同じ”好き”を共有する時間を作るもよし。
クローズドで、友達同士で話すも良し。
憧れの芸能人や、起業家から直接アドバイスをもらえることもあるかも?!
使い方は十人十色♡
せっかくなら、自分の可能性を広げる使い方をしたいな♡
自分の好きやりたいを、加速させてくれるアプリの期待感が高いです♡

そんなこんなで、使い続けてまた気づきがあればご紹介しますね。