子育て住空間コンサルタント今西千登瀬がおススメするお片付けが楽しくなるおもちゃラックの選び方

気が付くとお部屋の中はおもちゃであふれてる、、、片づけなさいと言っても片づけてくれない、、、おもちゃラックは楽しんで子供が片づけやすいものを選びたいですよね。今回はお部屋にすっきりなじんでお片付けも楽しくなるおもちゃラックを子育て住空間コンサルタントの今西千登瀬がご紹介。

お片付けしやすい環境を整えるための2つのポイント

溢れるおもちゃを定位置に戻すには2つのポイントが。

①ざっくりと種類分け

②ボックスで片づけやすく

あまり細かく分類分けしてしまうと、逆にお片付けしにくくなるので無理のない程度で大まかに収納するのがおすすめです。またラックに入りきらないおもちゃは、持たないなどルールを決めて量を必要以上に増やさないことも重要ですね。

おもちゃラックの種類は大きく分けて4種類

本棚付きラック

本棚付きおもちゃラックなら絵本も一緒にすっきり収納出来て空間を効率的に使うことが出来ます。お子様のものをひとまとめに出来、お子様コーナーが作りやすいラックです。

収納カート付きラック

カート付きおもちゃラックなら遊ぶ場所までおもちゃをカートに載せたまま運ぶことが出来とても便利です。また片づけの時も遊んでいた場所を移動することなくお片付けが出来るのでお片付けの習慣も付きやすいです。

天板付きラック

天板付きおもちゃラックならお気に入りのおもちゃやぬいぐるみを飾ったりインテリアも楽しむことが出来ます。またものが増えて来たらサイズの合うかごを置いて収納としても使うことが出来ますね。

キャラクターラック

子供が大好きなキャラクターでお片付けがもっと楽しくなるかも?!子供部屋向きのおもちゃラックです。

インテリアに合うおもちゃラックは?

おもちゃラックを置く場所によって選ぶデザインも変わってきます。小さいお子様は目が届くリビングで遊ぶことが多く、年齢が上がってくると子供部屋で遊ぶというように年齢によっても遊ぶ場所が変わってきます。

リビングに置く場合

リビングに置く場合はリビングのインテリアを邪魔をしないものを選ぶのがポイントです。北欧テイストのインテリアの場合はアクセントとしてカラフルな物を置くのも良いですし、ナチュラルな空間であれば木目などがオーソドックスで合わせやすいです。

子供部屋に置く場合

子供部屋のイメージに合わせてカラフルな物やキャラクターものなど子供に好きなおもちゃラックを選ばせてあげられますね。感性を刺激するカラフルな物を選んであげたいですね。

おもちゃラックを選ぶときのポイント5つ

おもちゃラックを選ぶなら自分のライフスタイルにぴったりの物を選びたいですよね。ポイントを絞って選ぶ時にチェックしてほしい項目をご紹介しますね。

デザイン

置くお部屋のインテリアの世界感を壊さないものを選びたいですね。置くお部屋のインリアにはどんなものが合うか空間をじっくり確認してみてくださいね。

価格

どのくらいの期間を使いたいかを考えて予算を考えましょう。子供の成長に合わせておもちゃラックを買い替える場合はリーズナブルなものを選ぶのも〇

サイズ

置くスペースはしっかり測りぴったりのサイズですっきり収納したいですね。

収納したいものは何か

おもちゃだけでなく、本を収納したりお気に入りのおもちゃは飾り棚に飾ったりどんな風に収納したいかによって選ぶものは変わってきます。

ブランド

こだわり派は海外ブランドや有名家具メーカーの物を選ぶことから始めてみては。特に出産祝いや贈り物としてプレゼントする場合は相手が喜ぶブランドを選びたいですよね。

子供が楽しくお片付けできるおもちゃラックを選びましょう♪

いかがでしたか?子育てとおもちゃの片付けは永遠のテーマ。今のインテリアを壊さず、子供が楽しくお片付け出来るおもちゃラックを選びたいですね。

to buy執筆記事より

おしゃれで高機能!子育て住空間コンサルタント「今西千登瀬」おすすめのベビーチェア

赤ちゃんのお食事に重要なベビーチェア。食事の仕方を教え、姿勢を教え、マナーを教え成長過程で重要な役割を担っています。
そんなベビーチェアもインテリアを崩さないおしゃれな物を選びたいですよね。
今回は、インテリアコーディネーターである私が、機能性とデザイン性を兼ね備えたベビーチェアを、選び方と合わせて3つご紹介いたします。

ベビーチェアを選ぶときの重要なポイントは?

ベビーチェアには、ローチェアからハイチェアまでありますので、TPOに合わせて選んでください。

今回は、ダイニングでお食事をする際のハイチェアに焦点を絞って選び方のポイントをご紹介いたします。

①成長に合わせて可変するか
何度も買い直すのは経済的ではないですし面倒。せっかく購入するなら成長に合わせて長く使えるものが良いです。

②メンテナンスはしやすいか
上手にご飯を食べられるようになるまではこぼすことも多いので、お掃除しやすい物がベスト。ジョイント部分が複雑になっていたり、なるべくならゴミが入りにくいシンプルでお掃除のしやすいチェアを選んでください。

③椅子自体が軽量か
椅子の下に落ちた食べこぼしをお掃除する時に椅子を持ち上げるので、持ち上げ安い軽い物を選ぶことが重要です。

④椅子の足の形状は危なくないか
意外と見落としてしまうのが椅子の足の形状。実はひっかけて子供が転んでしまうなんてこともあります。椅子の足の部分が安全になっているかもしっかりチェックしましょう。

正しい姿勢と健やかな成長を促すベビーチェア【nomi by evomove】

(〜6ヶ月)Nomi Baby
(6ヶ月〜2歳)Nomi Mini
(2歳以上)Nomi Highchair

ノルウェー発のベビーチェア【nomi by evomove

じっと座ることのできない子供の特徴を考慮し、子供のどんな動きに対しても安定した座り心地を保つ椅子を設計。座ることで自然に良い姿勢へと導きます。

安全性も重視しています!

・耐荷重130kgは業界最上級の強度と耐久性
・後ろ脚のキャスターが、後方への転倒リスクを軽減
・リサイクル可能なPP樹脂は、薄めた中性洗剤でのお手入れが可能

今までにないベビーチェアの形状で空間にインパクトを与えるデザインです。

子供の成長に合わせて変化する多彩なチェア【STOKKE ステップス チェア】

トリップトラップでおなじみ【STOKKE】の、洗練されたデザインのキッズチェアです。別売りのアクセサリーを合わせれば、3歳から10歳まで使うことができます。

子供の成長に合わせて足置きの高さが調節できます。工具なしで簡単にできるので便利です!

丸みをおびた座面と背もたれは、人間工学を考えてデザインされています。
また、あたたかみのある美しい木目の脚部が、上質で洗練されたインテリアを演出してくれます。

工具無しで手軽に調整できるベビーチェア【OXO Tot スプラウトチェア】

ニューヨークのハウスウェアブランド【OXO Tot(オクソー トット)】のスプラウトチェア。世界のデザイン賞を受賞した、ポップなカラーがおしゃれなベビーチェアです。月齢に合わせてシートと足置きが調整でき、生後6ヶ月〜5歳まで使用できます。

調整するのに工具は必要なく、片手で脱着可能なテーブルトレイが便利。姿勢良く座れるクッションは座り心地が良く、取り外しが可能でお手入れも楽です!また、お手入れしやすい樹脂性で食べこぼしにも安心です。

OXO】の食器と合わせてお食事のシーンをトータルコーディネートするのもおすすめです!

まとめ

いかがでしたか?
おしゃれなベビーチェアも多いので、安全性や子供の成長も考慮し、インテリアに合わせた素敵なベビーチェアを見つけてくださいね。

MAMAPLA執筆記事より

子育て住空間コンサルタント「今西千登瀬」が教える!子育てしやすい家のポイント5つ

可愛いわが子。でも可愛いだけじゃないのが子育て。イライラしてしまうこともしばしばありますよね。つい怒ってしまった後に自己嫌悪に陥ってしまうママも多いのではありませんか?

住環境を整えることによって、そんな大変な子育てを少しでも楽にすることができるんです。

子育てに家事に毎日頑張るママ。子育てしやすいという観点から住まい選びをしてみませんか?ママが子育てしやすいお家選びのポイントを子育て住空間コンサルタントの今西千登瀬が5つご紹介します。

ママが子育てしやすいお家選びのポイント①地域の「子育て支援」や「子育て施設」などの周辺環境

間取りの前に重要なのが周辺環境。

引っ越しを考えたらまずチェックしてほしいのが行政の子育て支援の充実度。働くママなら待機児童の状況や保育園数などもチェックしておきたいところです。もちろん治安の良さも確認してくださいね。

1人行動が多くなる小学生になった時に安心して歩かせられる街か?小学校も近くにあったほうが安心ですね。
小さな子供は急な発熱が多いので、もしもの時のために夜間救急の病院が近くにあるのが理想です。

日用品や食品の買いものは毎日のことなので、近い場所にお店があるほうが便利。公園などの子育て施設が充実していることも重要なポイントです。

ママが子育てしやすいお家選びのポイント②玄関スペースの広さを見落とさないで!!

小さな赤ちゃんのうちはベビーカーに乗せたり、歩き始めたら靴を履かせたりするのでスペースが広い方が便利なのが玄関。ベビーカーを置くスペースが配慮されていると、靴の着脱もスムーズです。

狭い玄関にベビーカーが占領していると出入りにも支障があります。
ベストなのは玄関横に広いシューズクロークが備わっていること。ベビーカーを置いたり、お部屋には入れたくない遊具、公園道具を入れたりと重宝します。

成長とともに遊び道具が増えていくので、それらをしまうことができる十分な収納があるのが理想です。
また、子供がどろんこになって外から帰ってくる時もありますが、玄関からお風呂場が近いとお部屋を汚さずに行くことができます。

ママが子育てしやすいお家選びのポイント③対面型キッチンはマスト

料理や食器の後片付けをしてママが過ごす時間が長い場所といえばキッチン。
子供の様子を見ながら家事ができる対面型のキッチンはマストです。

子供もママの顔が見えると安心して遊んでくれるので、効率よく家事を行うことができます。食べた後の食器のお片づけも楽で子供たちも食べた食器を片づける習慣もつきやすいですよ。

また、子供と一緒にお料理をするときもオープンキッチンなので便利。
ママ友を呼んでホームパーティーをする時もお友達とコミュニケーションを取りながらパーティー準備ができます。

まだ子供が小さい時期はキッチンの入り口にゲートが付けられるようになっているかどうかもチェックしてくださいね。

ママが子育てしやすいお家選びのポイント④リビング横の畳スペースは使えます!

畳があるとすごく便利です。
特に赤ちゃんや子供のお昼寝スペースや遊び場として使います。クッション性があって滑りにくいのでよちよち歩きの赤ちゃんにも安心。

キッチンから見える位置に和室があるのがべストです。
子供が小さな頃は一緒に眠ることが多いと思いますが、広めの和室があればお布団を敷いて一緒に寝ることもできます。そのためにはお布団や子供の物を仕舞える押し入れや収納スペースがあることが重要です。

思い切って畳スペースを子供のスペースと決めておもちゃを収納するスペースを用意しておくとお片づけも楽ちんです。
小上がりの和室は転落の危険もあるので、なるべくなら段差のない畳スペースが理想です。

ママが子育てしやすいお家選びのポイント⑤リビングは家族が集まる=物が集まるので収納が上手にできる間取りがおすすめ

家族が集まるリビングは物も集まりがちです。子供が自分の部屋から持ち出したものがリビングのあちらこちらに…。

子供が小さいうちは子供の仕度もママがするので、リビングに子供用品を収納するスペースがあるのが理想。朝の用意の時間短縮にもなります。
小学生になるとランドセルを置きっぱなしにすることもあるかもしれません。リビングに子供の「置きっぱなし」の定位置を作ることで、子供が片づけをしないイライラからママも解放されます。

物が集まる場所だからこそ、それを前提に、リビングに収納が多い間取りがおすすめです。

まとめ

住空間を整えることで、大変な家事や育児を少し楽にできるといわれる代表的なポイントを5つ紹介しました。お家探しや部屋の模様替えの時、参考にしてみてくださいね。

MAMAPLA執筆記事より