子育て住空間コンサルタントが教える「子育てにやさしい家チェックポイン間取り編【玄関】」

子育て住空間コンサルタント今西千登瀬です。ママにも子どもにも優しい家とは?!私の育児経験を元に住まいから女性のライフスタイルをサポート♡
子育てにやさしい家チェックポイント、今回は【間取り編】です。特に乳幼児のいるご家庭はお家にいる時間も長いですよね。
好奇心旺盛の赤ちゃんは家にあるものすべてが魅力的なものに見えていろいろ触ってみたくなります。そんな子どもの好奇心を存分に発揮させてあげられる安全な住空間を。安心して家事や育児が出来る住空間のチェックポイントを御紹介致します。場所ごとに私の経験も踏まえながら住みやすいポイントをまとめました。今回はお家のお顔【玄関】のチェックポイントを御紹介致します。

玄関スペースはベビーカーの乗り降りも考慮して

まずはあなたの生活を思い出してみて下さい。
玄関で行うこと靴の脱ぎ履きはもちろんのこと、小さなお子様がいる家族にマストなベビーカーに子供を乗せたりなど、なるべくなら広いスペースが欲しい玄関。特に重要なのがベービーカーの定位置を確保できるか?靴の脱ぎ履きに支障をきたさない位置に置けるスペースがあるか。玄関スペースにベビーカーが置きっぱなしになっていると玄関が雑然としたイメージに。折りたたんでしまえるスペースがあると玄関をひろびろと使うことが出来ます。

子どもの大好きなお砂場道具の収納も

また小さな子供が大好きな遊びと言えば「お砂場遊び」です。
そんなお砂場遊び道具はなるべくならお部屋には入れたくないもの。玄関スペースにお砂場道具を置くスペースがあるとお部屋も汚れず安心ですね。また玄関から近い場所に浴室があると廊下やお部屋をさほど汚さずに体を洗うことが出来ます。

玄関スペースにファミリークロークがあると便利♡

遊び道具と言えば成長するにつれて三輪車などの遊具を置くスペースも必要になってきます。玄関横にファミリークロークを設置するとパパのゴルフバックやキャリー付の旅行鞄などを置いたりもできるのでとても便利です。またレインコートや傘も置くスペースも確保でき便利です。歩くようになれば靴をはかせてあげたりとスペースが必要になってくるので玄関ポーチにはなるべく物を置かないようにしっかり収納力のある間取りを選びたいものですね。

玄関前の段差にもご注意を

建売住宅などで多い3段程度の階段を上った先に玄関があるお家。家に入る前に階段があることでかなりのストレスが、、、。子どもを抱っこしながらベビーカーを持ち上げて、、、そんな面倒なことにならないように玄関前の段差のチェックも。1段程度でしたら乗り越えられますがそれ以上だとお家に入るのにかなりのストレスが、、、。なるべくなら玄関前が広くあまり段差がないお家を選びたいですね。

玄関引戸が子育て世帯にとってストレスフリー

広い玄関スペースが確保できて家の出入りにストレスフリーな玄関引戸。開き幅が無く風に煽られて閉まる危険性も少ない引戸はお子様の出入りにも安心です。和風なイメージが強い玄関引戸ですが木目調やシンプルモダンなど様々な住宅デザインに合わせやすいデザインバリエーションがあります。2世帯住宅など家族全員がストレスフリーに家の出入りが出来ます。

子育てしやすい住まい探しは東京ファンライフ不動産へ。

いかがでしたか?!子育てしやすい物件は、是非子育て住空間コンサルタントが代表の東京ファンライフ不動産で御一緒に探しませんか?!
お気軽にメールにてお問い合わせくださいませ♡ご相談可能エリアは東京23区内を中心とした首都圏です。

【墨田区子育て助成金】子育て世代は賢く助成金を使ってマイホームを計画しよう♡

結婚して子どもが生まれると多くの人が考えるマイホーム購入。
子育て世代にはいろんな優遇があるのはご存知ですか?!
せっかくマイホームを計画するなら賢くお得に計画したいもの。
各自治体で助成金があったり住宅ローンも子育て支援のプランがあります。
この記事では子育て世代がお得にマイホーム購入できる情報をご紹介します。

スポンサードリンク


お得な金利でマイホームがよりお得に?!「フラット35 子育て支援型」


ずっと固定金利で月々の支払が一定でマネープランも立てやすい「フラット35」に子育て支援に積極的な地方公共団体のマイホーム取得者に対する財政的支援とセットで借入金利を5年間、年0.25%引き下げることが出来る制度です。東京都内でフラット35子育て支援型が利用できる市区町村は墨田区・台東区・福生市・奥多摩町です。金利を5年間引き下げてくれるのは大きいですよね。
フラット35子育て支援と合わせて利用できる墨田区の助成金制度をご紹介します。

詳しい情報は公式サイトにて
フラット35子育て支援型

最大50万円!!墨田区の住宅購入サポート助成金

中学生までの子どもがいる世帯で新たに親世帯と同居又は近居(親世帯の住宅から1km以内)することを目的に住宅を取得する際に受けることが出来る助成金です。親世帯が申請時点で3年以上区内に住所を所有し居住していることが要件の1つになっています。対象となる住宅には専用面積の指定もあり、国が規定する世帯人数に応じた最低居住面積水準以上の面積の住宅です。気になる助成金の金額は新築住宅購入に50万円、中古住宅購入に30万円です。頭金の足しにもなるのでうれしい助成制度ですね。予算上限に達した場合申請は受付られないのでお早めに。

詳しい情報は墨田区公式サイトにて
住宅購入助成

東京23区内の子育て世帯の住まい探しは東京ファンライフ不動産へ

私今西千登瀬は8歳の男の子のママ。自身の子育て経験を元に子育て住空間コンサルタントとしてあなたに最適な住空間のご提案を致します。
お気軽にメール若しくはLINE@にてお問合せ下さいね。