【まち散歩】文京区・白山駅周辺をお散歩

文京区の中心に位置する白山駅。品川区の目黒駅から板橋区の西高島平駅までを結ぶ都営三田線の駅です。駅前には旧白山通りが通っています。坂が多い文京区を象徴するかのように旧白山通りもゆるい坂道になっています。 白山周辺での生活は電動自転車がマストです。東洋大学や、文京区域なので公立でも有名な小学校・中学校が多く存在し学生が多い町です。 また町中に子供が喜ぶ公園も点在しており子育てしやすい街のイメージを受けました。

都営三田線白山駅周辺の様子

旧白山通りは白山下交差点から千石駅前交差点までを結ぶ通りで白山下から白山上交差点までは読んで字のごとくゆるい坂道になっています。学生の街だけにラーメン屋さんも多く点在していました。 また口コミサイトで人気のイタリアン「こむぎこ」も駅前にあり外食も楽しめる駅前でした。白山の良いところは、都心に出やすい立地でです。 巣鴨や水道橋まで電車なら5分、東京メトロ南北線の本駒込駅も徒歩5分程度の位置にあり都営三田線と東京メトロ南北線の両駅を使える便利な場所です。

乳幼児ママが気になるポイントは最寄駅にベビーカー移動が楽に出来るエレベーターがあるかどうか。白山駅にはきちんとエレベーターがあり外出も安心です。 エレベーター出口横には小さいながらにもキレイな複合遊具のある「白山5丁目児童遊園」がありました。坂下には幼稚園、すぐ近くには植物園もあり白山駅周辺はお寺も多く風情を感じながらのお散歩も楽しそうな街です。 治安が良く子育てもしやすい、とても暮らしやすい環境で安心です。

あじさいの名所”白山公園”

都営地下鉄三田線「白山」駅より徒歩3分隣り合った白山神社を通り抜けた先にある文京区最古の公園です。明治23年に開園した公園です。以前は白山神社の境内にあったそうで面積はなんと約8250㎡。これが文京区で初めてできた公園です。園内には白山神社の本殿を中心に桜や梅、杉林などがあり木々が生い茂る夏の納涼にも人気の公園でした。その後第二次世界大戦後に現在の本殿の後ろに規模を収縮して移転しました。 公園面積は1590㎡で白山駅周辺で大きい公園です。またアジサイの名所でも有名です。

園内にはお砂場に滑り台、公衆トイレ、腰掛ベンチとシンプルな公園です。周りの植え込みにはアジサイがたくさん植えられています。6月のアジサイの時期にはさくら、つつじ、菊、梅と四季の花を楽しむ「文京花の5大まつり」の一つ「文京あじさいまつり」が行われる会場になり色とりどりのアジサイを見ることが出来ます。あじさいまつりの開催時期は2016年は6月11日(土)~19日(日)まで開催され模擬店やあじさい神輿など催しものも盛りだくさんです。

白山公園や白山境内を彩るあじさいはなんと3000株。またあじさい祭り期間中だけ解放される「富士塚」は石段両サイドにあじさいが咲き乱れとっても風情がある情景をみることができます。祭り期間中の9時から17時まで解放されたくさんの人々がアジサイ見物に来ます。その富士塚には浅間神社があり普段は閉鎖されているのであじさいまつりの期間のみ参拝ができる神社です。

 

http://www.city.bunkyo.lg.jp/ajisai.htmlより

徳川将軍家からの信仰が厚い”白山神社”

都営三田線A3出口より徒歩3分の場所にある白山神社。天暦2年全国に2,000社以上ある白山神社の総本社石川県の白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)から勧誘を受け現在の本郷1丁目に創建されたのが始まりです。
その後2代将軍秀忠の命で石川植物園を経て徳川綱吉の屋敷が作られるとのことで現在の場所に移動し遷座されました。そんな背景から綱吉の生母桂昌院が崇敬し以後徳川将軍家からの信仰が厚い神社になりました。
この辺一帯の「白山」の名前の由来となった神社です。

http://www.city.bunkyo.lg.jp/ajisai.htmlより引用

明治期には祭礼に際して天皇により勅使が遣わされる神社に準ずる社格准勅祭社に命じられました。 御祭神は「和合の神」「縁結びの神」とされる菊理姫命(くくりひめのみこと)、日本神話の中で一番最初に登場する夫婦神の伊弉諾命(いざなぎのみこと)と伊弉冊命(いざなみのみこと)です。縁結びと復縁など人間関係にもご利益のある神社です。 境内をぐるりと歩き回っても5分もかからないような小さな神社ながら、創建以来1,000年以上の歴史を持つ由緒ある神社です。

境内に植えられている紫陽花の数はおよそ3,000株。 それらの紫陽花が境内のそこかしこで咲き誇る様はまさに一見の価値ありです。また白山神社は、富岡八幡宮や神田神社や亀戸天神などの東京十社の中の1つとされています。 東京十社とは准勅祭社に指定された東京の鎮護と万民の平安を祈願された神社のことです。 10月10日は十社めぐりの日とされています。十社めぐり絵馬や十社めぐり御朱印なども用意されているので週末に十社めぐりをしてみるのも良いかもしれませんね。

白山駅前に広がる商店街”白山上向丘商店街”

都営三田線白山駅徒歩1分白山上交差点と向丘2丁目交差点の間に広がる商店街「白山上向丘商店街」飲食店から100円ショップや接骨院などの幅広いラインナップで54店舗のお店が加入しています。白山のお買い物の中心になる商店街です。飲食店はチェーン店から個人店まで20店舗、八百屋さんや整体院や接骨院もあります。またイベントも充実しており毎月5のつく日はサービスデーで対象となる参加店でお買い物や飲食をすると「お楽しみサービス券」をもらえます。

商店街の中には近隣学生にも人気の「白山くれーぷ」というお店も。このお店のクレープの種類は半端なく多く何を食べようか迷ってしまうほどクリームトッピングや生トッピングなどのカスタマイズメニューも豊富で組み合わせは無限大。生地が自慢のクレープの他フレッシュジュースやソフトクリーム、あんみつと様々なスイーツを取り扱うお店もあります。テイクアウトも可能なのでお土産としても活用できます。そのほか輸入雑貨のお店など個性的なお店もちらほら。

白山上向丘商店街以外のお買い物スポットも。スーパーは駅前に火曜は『本体価格92円均一セール』を行い23時まで営業中のコープ白山店に、水曜恒例大青果市でお野菜類が同じく92円セールを行う三徳白山店と2つスーパーが駅前にあるので商店街と合わせてお買い物にも便利な街になっています。また白山と春日駅の中間の白山通り沿いにはディスカウントストアの「オリンピック白山店」もあり日用品からインテリア、化粧品までお買い物ができるようになっています。

文京区内の移動に便利”文京区コミュニティバス「B‐ぐる」

文京区コミュニティバス「Bーぐる」。文京区内を2つの路線「千駄木・駒込ルート」と「目白台・小日向ルート」で年中無休で20分間隔で循環するバスです。乗車料金は大人もこども(未就学児童は2名まで無料)1回100円です。
1日乗り降り自由なお得な乗車券もあり、1日300円で協力店によるサービスや割引を受けることができます。
路線の乗り換えは文京シビックセンターなどで無料でできて100円で文京区内が移動ができる便利なバスです。

文京区コミュニティバス「Bーぐる」のマスコットはかわいらしいビーグル。バス停やバスにもビーグルが描かれていて、コミュニティーバスの目印になっています。
白山駅周辺にはバス停が2つあり、白山通りから旧白山通りに入ったところに11番の「白山下停留所」が。白山駅前付近には12番の「白山駅停留所」があります。
文京区役所がある文京シビックセンターへもコミュニティーバスで行けるので、とっても便利で地元のお年寄りなどに重宝されています。

こちらは文京区コミュニティバス「Bーぐる」の「千駄木・駒込ルート」の路線図です。ラクーアを起点に千駄木駅や本駒込駅、六義園、春日駅、小石川後楽園や東京ドームホテルなど文京区の駅や観光、レジャースポットなどを通るので休日のお出かけにも活用できるコミュニティバスです。PASMOやSuicaも使えるので文京区内の移動が楽々です。一日乗車券を買ったら、文京シビックセンターで途中下車して無料展望台で夜景を見るのもおすすめです。

白山で地中海気分?!シチリア料理が身近に「シチリア屋」

都営三田線「白山」駅A1出口より徒歩6分白山通りから1本路地に入った場所にある白山の隠れ家イタリアン「シチリア屋」。イタリア半島の西南の地中海に位置する島シチリア州メッシーナ県にある、小さな港町ミラッツォで修業したシェフが腕をふるう料理は新鮮な魚貝や野菜をたっぷり使ったシンプルなシチリア料理。普段シチリアの土地の人が食べる飾らない家庭料理などを取り入れています。店内は地中海の美しい海を思わせるようなブルーな壁がとってもおしゃれなお店です。

シチリア屋の平日のランチタイムに提供されるメニューは2つのコースから。Aコースは本日のオススメ前菜2種+パスタ+コーヒーor紅茶の飲み物が付いて1,200円(税別)ランチもがっつり食べたいあなたにはBコースがオススメです。Aコースにメインディッシュとドルチェが付いてボリューム満点で2,000円(税別)とリーズナブルにシチリア料理を頂くことが出来ます。シチリアビールにスプマンテとお昼からお酒を楽しみながらお料理を頂くことも出来ます。

この日私が頂いたのはAコース。本日のオススメ前菜は鯵のブルスケッタに細切りイカのトマトオイル煮。どちらもとってもおいしい前菜でしたが特にお気に入りは鯵のブルスケッタ。スプマンテと一緒に楽しみたいしっかりした味付けにプリッとした鯵の身がお口に入れた瞬間にっこり幸せ笑顔にしてくれる前菜でした。パスタは+300円で風味豊かなポルチーニと赤エビのトンナッキオーリを頂きました。トンナッキオーリは太いパスタのこと。赤エビとポルチーニの旨味を存分に吸収したソースが良く絡み食感といい絶妙なバランスでした。最後は食後のコーヒーを頂き税込1620円のランチを楽しみました。

”哲学教育”を理念に。東洋大学のルーツをたどる?!「東洋大学井上記念館」

都営三田線A3出口より徒歩5分、平成24(2012)年に創立125周年を迎えた東洋大学があります。「国際化」「キャリア教育」そして創立の理念である「哲学教育」の3つの柱でグローバル社会に対応できる人材の育成をしている大学です。白山キャンパスには文学部、経済学部、経営学部、法学部、社会学部、国際学部、国際観光学部、イブニングコース(第2部)、大学院、通信教育部がありたくさんの学生たちが学んでいます。

正門から「甫水の森」(ほすいのもり)と名づけたアプローチを通ってキャンパス内に入ると待ち受けるのは東洋大学創設者であり仏教哲学者、教育者でもあり「井上円了」氏の像が迎えてくれます。その後ろにある建物が井上記念館です。学問の基本となる様々な視点を養える「哲学」に注目し東洋大学の前身である哲学館を設立しました。2003年に完成した井上記念館は社会に開かれた大学の博物館ということでどなたでも利用できるようになっています。展覧会などを通じて、地域社会の多様な学習ニーズに対応した施設となっています。

館内には1階に井上円了記念博物館、井上円了ホール、授業で使われる講義室からなっています。常設展では「井上円了の世界」と題した哲学館設立の背景や東洋大学の歩みなどを学ぶことが出来ます。博物館の隣には、塩じいの愛称で親しまれた政治家そして東洋大学総長「塩川正十郎」さんの偉業を顕彰する記念展示コーナーもあります。またキャンパスには行ってみたい学食ランキング1位に輝いたコスパ良しな学食が6つありワンコインでランチを楽しめます。

フランス伝統技法を受け継ぐケーキで優雅なティータイムを。「フランス菓子エリティエ」

都営三田線白山駅A1出口から徒歩5分白山通り沿いにある「フランス菓子エリティエ」。お店の名前はフランス語で「引き継ぐ」という意味でフランス菓子伝統の技法を引き継ぎ磨きをかけ美味しい洋菓子を提供しているお店です。外航客船のペストリーを経て各店でフランス菓子の基礎を習得したシェフが作るフランス菓子は人気のエンガディナをはじめとする焼き菓子に季節のフルーツをタルトにふんだんに乗せたタルトフリュイなどの生菓子にカラフルな見た目が可愛いマカロンなどの半生菓子などバリエーション豊かなラインナップで楽しませてくれます。

店頭にズラリと並ぶ色鮮やかなケーキ達。上質素材を見た目も美しくお求めやすい価格で。定番のいちごたっぷりの「シャンティフレーズ」税込470円に「白山」エリティエ特製モンブランで白い山をイメージした「HAKUSAN」税込480円などなど目移りしてしまう程の美しさにウットリ。テイクアウトはもちろんのこと店内奥のイートインスペースでお茶と一緒に楽しむことが出来ます。ランチも提供しておりキッシュを頂けます。

エリティエに来たなら店内でケーキを楽しむのがオススメです。税込1,000円でお好きなケーキにソルベ2個にフルーツもあしらわれたプレートで見た目もワクワクコスパ良しなティータイムを過ごすことが出来ます。(ケーキの値段によってはプラス料金になります)数種類の中からドリンクも選べプチフルール付で優雅なティータイムを。今回頂いたソルベはかぼちゃとクリームチーズ味。ケーキにアイスも付いて甘いもの好きにはたまらないティータイムを過ごすことができました。

手紙と小さな贈り物がライフスタイルを充実?!「BUNKYODO(文京堂)」

白山駅A3出口から徒歩約4分、東洋大学正門前にある“手紙と小さな贈り物”をコンセプトとした文具・雑貨店「BUNKYOUDOU(文京堂)」。 手書きの良さを大切にした手紙グッズ、ギフトにぴったりの革小物・アクセサリーなどが並びます。大きな目を引く看板にディスプレーされた雑貨や文房具たちに思わず立ち寄りたくなるお店です。営業時間は10:00~19:30、土曜は19:00までで日曜、祝日は定休日になっています。東洋大学の目の前ということで学生や大学関係者も利用するお店です。

店内に入ると所せましとギフトカードやレターセットなどかわいいステーショナリーや雑貨がずらりと。はやりのネコちゃんデザインのステーショナリーや輸入の子供のおもちゃがあったりと見ていて飽きないおしゃれなステーショナリーがいっぱい。 印刷や製本もしてもらえるので、たまる一方の子供の絵などを素敵な絵本にしてもらったり、レシピ集などオリジナルの1冊が作れます。思い出の本を文京堂で作ってみるのも良いかもしれませんね。

ご祝儀袋の豊富さにもびっくり!おしゃれでかわいいものが沢山あります。ステーショナリーや祝儀袋、グリーティングカードなど、街の文房具屋とは思えないこだわりある品ぞろえのお店です。 11月はクリスマスとお正月グッズが登場し、特にクリスマスカードは充実の品ぞろえです。 私も久々に文房具店に立ち寄りましたが、可愛いものがいっぱいでついつい買い過ぎてしまいました。センスあるちょっとしたギフトを探すのにもおすすめのお店です。

文京地区で私立の学校も多い「白山」の町を歩いてみて。

都内でも有数の犯罪件数の少ない区「文京区」。そのほぼ中心部に位置する白山。児童公園も多く子育てしやすい印象を受けた街でした。坂道も多いので子育てママには電動自転車がマストな街です。白山にはホームセンターや大きなスーパーもありお買い物にも便利な街でした。文京区白山での住まい探しはぜひ東京ファンライフ不動産までご相談くださいませ。