【週末女子旅】山梨県南部町「道の駅なんぶ」プレオープンメディア向け内覧試食会へ。

山梨県の最南端に位置し、山々に囲まれ町の中央部に富士川が流れる自然豊かな町「南部町」。
水とみどりが溢れるふれあい豊かな町に新たなスポットが2018年7月21日誕生‼︎あらたな南部町のシンボル「道の駅なんぶ」に一足お先に行ってきました。

スポンサードリンク
秋の旅行特集 びゅう

奥州の豪族。南部氏発祥の地「南部町」

東京から車で2時間、自然豊かな山と渓谷の町です。甲斐国(山梨県)と駿河国(静岡県)を結ぶ街道の一つ甲駿街道の宿場町として、また富士川船運の要地として発展してきたそうです。道の駅には南部氏のルーツを辿れる歴史資料展示を併設しており、南部町について知ることが出来ます。

南部町を代表する特産品「南部茶」

山あいの街で寒暖の差がありお茶栽培に適した「南部町」。そんな南部町で栽培されたお茶は甘くてまろやか。緑茶特有の苦味が嫌いな方にもさらりと飲めるのでおススメ。山梨県最大のお茶の産地です。

南部町の食の魅力を知るきっかけに?!体験型”食のテーマパーク”道の駅なんぶ

静岡県から山梨県に入る玄関口になる南部町。2019年開通予定の南部ICに隣接し、交通の要になる「道の駅なんぶ」。パーキングエリアとしての役目も果たすそうで、さらなる地域発展の情報基地として南部町の魅力を伝える施設です。自然豊かな南部の四季や歴史、観光、グルメなどの情報発信を行う施設。様々な体験を通じてなんぶのすばらしさを体感できる施設です。

道の駅なんぶオリジナル南部茶「よろこび茶」

「金色透明」と呼ばれるほどに輝きにあふれる美しい緑色、甘く、とろけるような、贅沢な旨み。ひとくち飲めば、気持ちは晴れわたり、こころも和む。言わば、この土地でお日様の恵みいっぱいに丁寧に育てられた“よろこびのお茶”。ということで名付けられた“道の駅なんぶ”オリジナルブランド。茶葉やオリジナルのお菓子まで様々な商品がラインナップされていますよ。

一押しは”福ひとつ” くちどけの良いお菓子。南部茶のおいしさを様々な製法で表現。一粒で南部茶の魅力を体感できるスイーツ。コーティングされたチョコに口の中に広がる南部茶ガナッシュの奥行ある香り。冷やして食べるとまた違った楽しみも。道の駅なんぶに来たらぜひGET する価値ありな絶品お土産でした。

福ひとつ 6個入り 780円(税別)13個入り1,650円(税別)

さらに私が食べてお気に入りになった商品をもう一つご紹介しますね。とろーりくちどけなめらかなこちらの商品。

南部茶100%使用の”なんぶ茶ぷりん”お茶の風味になめらか濃厚なプリン。和三盆シロップをかければさらに深い味わいに。渋みを抑えているお茶なのでスイーツとの相性も抜群。爽やかなお茶の風味とプリンのなめらかな触感が病みつきです。

なんぶ茶ぷりん 1個 400円(税別)

そのほか”よろこび茶”関連の商品はなんと50種類も‼様々な”よろこび茶”の魅力を楽しめるライナップでした。ぜひあなたのお気に入りも見つけてみて下さいね。

「よろこび茶」商品がGETできちゃう?!”きゅうすキャッ茶ー”?!

物産直売所の入り口にはこんな”茶めっけ”たっぷりのアトラクションも。急須をユーフォーキャッチャーでGETするとなんぶ茶商品をもらえるそうですよ。1回100円ぜひお試しあれ。さらに店内に入るとたくさんの”よろこび茶”商品が‼

茶葉からお菓子幅広いラインナップで楽しませてくれます。よろこび茶の茶葉と南部茶スイーツのセットでお土産にするとさらに喜んでいただけること間違えなし‼パッケージデザインもおしゃれなものが多いので見ているだけで楽しい店内でした。

 

地元農家から毎日届く新鮮野菜がリーズナブル!!「農産物販売所」

南部町特産物の南部茶やたけのこなど各地から毎日届けられる新鮮な農産物は珍しいハンギング陳列でフォトジェニックな直売所に。陳列から商品を取る動作が木から収穫しているような気分でショッピングを楽しめます。フルーツからお野菜、普通のスーパーで買うよりもとってもリーズナブル。珍しいお野菜に出会えたりわくわくするお買い物体験ができます。私も山梨県産のトウモロコシと地元の園芸農家が作ったブーゲンビリアをお土産にお持ち帰り。植物もリーズナブルでよい商品に出会えました。

よろこびのお茶”南部茶”が主役の食堂「南部よろこび茶食堂」

ショッピングで物欲を満たしたら今度は食欲も満たしたいもの(笑)お店には食堂も。渋みが少なく甘くやわらかな旨味が特徴の南部茶は食材との相性も抜群。そんな南部茶を使ったメニューをはじめとして南部町や山梨の特産物を使ったメニューも。

海の無い山梨県ですが実はマグロの消費量全国第2位だそう。そんなマグロ大好きな山梨県民が大喜びのトロとろとろ丼は中トロにビントロ、ネギトロ赤身、漬けの5種のマグロが贅沢に入った丼。最初はわさびと特製醤油で、2回目は旨ごまだれ、最後はマグロのうまみがたっぷりの濃厚焼津マグロ出汁をかけて出汁茶漬けとして。1度に3度おいしい丼。特にオリジナルのお出汁は絶品で、試食会に参加している方々がおいしいと絶賛していました。

トロとろとろ丼 1,380円(税込み)

南部町はタケノコの名産地。タケノコ入りの豚のもつ煮は柔らかい豚のガツとタケノコのシャキシャキの触感のバランスが最高!!山梨県見延町のあけぼの大豆味噌を使ったほっとする優しい味わい。ご飯も進むおいしさです。

南部たけのこ味噌もつ煮定食 780円(税込み)

女子旅のテンション上がるフォトジェニックなメニューも

インスタ映えするメニューもいろいろありましたよー。欲張り女子にうれしい南部農園プレートは8種おばんざいに発芽玄米茶飯に和風出汁豆乳クリーミーカレーのお野菜たっぷりメニュー。

丁寧に盛り付けられたおばんさいにカレーにもたっぷりのお野菜。見た目にも華やかで食事の時間がより楽しくなりますね。

南部農園プレート 1,580円(税込み)

一口サイズで見た目もかわいいお稲荷さんには南部茶飯の上にタケノコやしらす、サクラエビに山梨の名産品の一つでもある発酵食品のお味噌をトッピングした海の幸も山の幸も楽しめる一皿。名前も茶めっけたっぷりの”おいなり茶ゃん”一口サイズなので小食の女子にはうれしいサイズ感。お味噌汁がセットになっています。

おいなり茶ゃん 味噌汁付き 680円

別腹スイーツもインスタ映え間違えなしの華やかさ。お茶をよりおいしく頂ける南部茶スイーツは必見。

思わず自撮りしたくなる(笑)華やかプレートには南部茶スイーツがいっぱい♥お土産商品としてのラインナップもあるものも。お土産を買う前のお味見としても自分の舌で確かめたお土産で相手を笑顔に。

プレートには”なんぶ茶ぷりん”に”南部茶ばあむ”そして、”テリーヌ”甘党にはたまらない一品に。お隣は「南部茶パフェUMAMI」南部茶のうまみを様々なスイーツで楽しめるパフェ。ビックパフェで写真映えもばっちりです。

南部茶スイーツ3種セット 850円(税込み) 南部茶パフェUMAMI 800円(税込み)

南部茶よろこび食堂には食事メニューが21品スイーツメニューが14品バラエティ豊かなラインナップでお腹を満たしてくれます。次回は南部茶そばも食べてみたいなー。

道の駅から地方を元気に町の魅力を発信する「道の駅なんぶ」

地域コミュニティの中核として南部町の魅力を発信していく”道の駅なんぶ”地域ブランドの情報発信的役割を担いながら、地産地消から地産他消へ。お客様への喜びを通じて地域活性をしていく”道の駅なんぶ”のこれからの動きに大注目です。

道の駅なんぶ
山梨県南巨摩郡南部町中野3034-1
TEL 0556-64-8552
FAX 0556-64-8553
営業時間 AM9時~PM5時 年中無休
ホームページ http://michinoeki-nanbu.com/

 

 

秘湯の宿 奥山温泉に泊まる